今日、3月13日(金)という何となく縁起が悪そうな日なのですが、一方で「大安」という非常に晴れやかな日に、動物病院へ珠莉チャンを連れて行ってきました

最大の目的は、もちろん、畜犬登録に必要な狂犬病予防接種の証明書をいただくことにあります。
ただ、現在の健康状態を確認するためもあり、初めてとなりますが心臓検査を含めたより詳しい全身検査の一日ワンドックと追加で涙やけなどがちょっと気になるので眼科を受診しました。

午後4時に病院に着き、珠莉タンを預けてから、午後7時に受け取るまでの3時間、健康状態についてはほとんど心配しておりませんでしたが、ひょっとしたら、ひょっとして…………などと考えたりして、ちょっとなが~い時間に感じられました。

そして、受診が終わり、先生とのお話です。
まず、「検査中はおとなしくて、とってもよい子でしたよ」と先生からもお褒めの言葉をいただきました
そして、検査の結果は目を含めて、おおむね良好とのことで、ホッと安心
あっ、そうそう、狂犬病予防注射も問題なし、ということで接種していただきました。

ただ、心臓の僧帽弁閉鎖にやや不全症の気配が……の言葉に一瞬ギクッとしましたが、僧帽弁閉鎖不全症の予備予備予備軍らしく、「必要と思われたら心臓のサプリを出しますよ」と言われたので、「よろしくお願いいたします」と即答しました

病院でいただいた、サプリと診察券などです。

そして、珠莉チャンの推定年齢の話から、先生と相談しながら、珠莉チャンの誕生日が正式に決定いたしました。
その誕生日は、2010年1月12日(火)で、現在、5歳となります
誕生日は、珠莉タン(当時はうにチャン)が、ブリーダー崩壊からレスキューされたのが2015年1月12日(月)だったことと、推定年齢からして2010年1月12日だと5歳になって余り1カ月くらいでちょうど良いのではないでしょうか、と先生からも太鼓判をいただきました。

誕生日も決まり、健康状態もおおむね良好ということで、狂犬病予防接種も終わり、さて、いよいよ畜犬登録を……という段取りになる予定でしたが、すでに区役所の受付時間は終了してしまいました。

さて、いよいよ、なが~く待ちましたが、いよいよ3月16日(月)に畜犬登録して、譲渡契約書の送付など、我が家の珠莉タンに向けての最終段階に突入です