6月16日(土)のママ&パパの結婚記念日お祝い会でのお食事が終わって帰宅してから、珠莉タンに異変が起きました
いつもの珠莉タンだったら、帰宅後にはソファの上で熟睡するのですが・・・
今日はステップの上で、元気がまったくなく体調が悪そうな感じなのです。

そういえば、前回に「激励会」で来た時には、「さつまいものマッシュポテト」や「ササミ」をあげると珠莉タンはパクツイていたのですが、今日は「ササミ」を目の前に出してあげても、ちょっと関心は示しましたが、パクツきのパの字もなかったです。
そして、食事会を終えて帰宅時に足などをきれいに拭いている時に、下腹部の腫れを見つけましたが、その時は「ちょっと腫れているな」くらいの軽い気持ちでした。
ただ、こんなに元気のない珠莉タンを見るにつけ、さすがに気になり始めました。

いつもはこんな感じで熟睡なのですが
ステップ上でけだるそうな珠莉タン
ササミにパクツイてます(前回)
マッシュポテトにもパクツイてます(前回)
今日は、興味はしめせど・・・です
今日は、ササミにも薄い関心です

そこで、こんな時は、なにはなくてもかかりつけの動物病院に、と直行しました
かかりつけの院長先生に診ていただきましたが、「もしかしたら、以前に手術した鼠径ヘルニアの関係で、腸がはみ出して腫れているのかもと院長先生も心配されて、血液検査をはじめ、エコー検査やX線で診ていただきましたが、腸がはみ出しているかよくわからないので、「薄めたバリウムでX線を撮ってみましょう」と言われました。

30分後くらいに、院長先生からその薄めたバリウムでのX線による診察結果を聞いたところ、「腸のはみ出しはみられないです」とのことでした。
腫れの原因は不明でしたが、最悪の状況ではないようです。
「今日は点滴などをしてありますので、家でゆっくり様子をみてあげてください」と言われて病院をでたのが、閉院時間の20時を過ぎていました。

その夜は、家に帰りゆったりさせて就寝しました。
翌朝、心配されていた院長先生から「様子はいかがですか?」との電話をいただいたところ、その電話が聞こえたのか、珠莉タンがゆったり起き上がって朝食を食べてくれました。
もう安心です。

このように目まぐるしく記憶に残る結婚記念日前後でした。
病院にお世話になった夕刻以降の画像は残念ながらありません。ごめんなさい。